Home

医療系の資格に的を絞り、国家資格・民間資格を中心に様々な資格についてまとめていきます。

■国家資格とは

国家資格とは、法律に基づいて国が実施する試験(国家試験)などにより、
個人の知識や技能が一定の段階以上に達している
ことを行政が確認して、
その結果行政のその権限に基づいて一定の行為を行うことを許可するもので
あるため、年齢の下限・上限などが多いことが特徴です。

また、学歴による制限が課される場合もあります。
医療系の代表的な国家資格には、医師、歯科医師、看護師、薬剤師などがあります。

>>もっと国家資格について知る

■民間資格

民間の団体などが、民間の団体独自で考案したの審査基準を設けて、
基準に達した者
に任意で与える資格です。級別に水準を示す検定とするものもあります。

法令で規定されたものではありませんので、業界によって一定の能力担保が
されていると認知されている資格から、資格商法で与えられるような社会的な
評価があまりない資格や、ある企業が自社の活動のために従業員に対して
付与するも、社外では意味がない内部資格まで、さまざまな資格が存在しています。

>>もっと民間資格について知る

■民間資格(医療事務)

医療事務という名称で呼ばれることが多いのですが、正式には医療保険事務です。
10以上の団体が医療事務関連の資格検定を認定してます。

実は資格を持っていないと医療事務の仕事はできませんという資格はありません。
しかしながら、就職をするにあたり医療事務関連の資格を持っていたほうが
有利にはたらくので、医療事務関連の資格を取得する人が多いようです。

>>もっと民間資格(医療事務)について知る